そよかぜ

【6月のそよかぜの様子】
★運動・動作★
「投力アップサーキット」

 体力テストの「ソフトボール投げ」に向けて、投げ方のこつを練習しました。始めに試しの記録を測りました。「ヨガ:英雄のポーズ」を基本のポーズとして練習した後、「ステップスロー」「紙でっぽう」「めんこ」などをサーキットで回り、最後に記録を測りました。始めの記録より伸びている児童もいて、体力テストへの意欲もあがった様子でした。実際に、記録が伸びたと教えてくれた子もいました。

 


「体力・投力アップサーキット発表会」

 「体力アップサーキット」「投力アップサーキット」で行ったサーキットの中から一つ選び、練習してからみんなの前で発表を行いました。みんな自分でうまくできたものや自信のあるものを選ぶことができました。発表では「①これから○○をします。②(みせる)③これでおわります。」という話型を示すことで、見ながら話すことができました。発表を見る側にも見終わったら「大きな拍手3秒間」という合言葉で見る際のマナーを指導しました。
 発表では、どの子も成功して大きな拍手をもらうことができました。




「コーディネーショントレーニング①②」

 「コーディネーション能力」とは、身体の機能全体の調整力です。
運動・スポーツの動作は全て、筋力、持久力、柔軟性、バランス、スピードなどの要素が組み合わさったもので、この組み合わせをスムーズに調整する能力がコーディネーション能力です。

コーディネーション能力は次の7つに分類できます。
①定位能力…相手や味方、ボールなどの周囲の状況と関連付けながら動きの変化を調整する能力
②変換能力…状況が変わったとき、動作を素早く切り替える能力
③リズム能力…耳や目からの情報を動きによって表現し、イメージを現実化する能力
④反応能力…合図を素早く察知し、適時に適切な速度で正確に反応する能力
⑤バランス能力…空中や動作中の全身バランスや、崩れた姿勢を素早く回復する能力
⑥連結能力…身体の関節や筋肉の動きをタイミングよく、無駄なく同調させる能力
⑦識別能力…手や足、頭部の動きと視覚の関係、ボールなどの操作を精密に行う能力
出典:「スポーツトレーニングの基礎理論」(西東社)

「コーディネーショントレーニング」とは、これらの複数の動きを同時に行うトレーニングです。
 今回は、「言うこと一緒やること一緒」「言うこと反対やること反対」「人文字体操」(変換能力、リズム能力、反応能力)、「巻き巻きタオルリレー」「お尻歩きリレー」(連結能力)、「引っ越しゲーム」(識別能力)などのゲームを通して、コーディネーショントレーニングを行いました。

 

 


「バランスボール運動①」

 バランスボールを持ち上げて腕を伸ばしたまま前後左右に動かしたり、ボールに乗ってバウンドしたり、うつ伏せで足を乗せてプランクの形になったりしながら、筋トレをしました。また、バウンドさせて何回続くかチャレンジしました。どの子も音楽に乗り楽しく取り組んでいました。

 

 


★グループ学習★
「勝ち負けサーキット」


勝ち負けサーキットは、「虫の話」で扱った「はいしゃく・きたい・うまかん」が、ゲームで負けそうなとき・負けたときに、体の中に入らないよう対処法を使う活動でした。子供たちは、「まいっか」「深呼吸しよう」「にぎにぎボールを触ってもいいですか」など、自分なりの対処法を使って、虫が入らないよう意識することができました。

 


「折り合いのものさし」


 

意見が分かれてしまったときに、どのようにして折り合うとよいかを考える学習でした。そよかぜ劇場で、AさんBさん役の良くなかったところに気が付き、子供たちが演技することができました。折り合いのポイントを学んだ後、「この後するゲームはどちらがいいか」を話し合いました。「折り合い」のポイントを意識して話し合い、一つのゲームに決めることができました。



「ころころバイキング」

「ころころバイキング」とは、ペアで持った布やマットの上にボールを乗せ、ゴールまで上手に受け渡しながら運ぶ協力ゲームでした。「いくよ!」「どんまいどんまい。」「せーのっ。」など、良い声掛けや素早い動きができていたら協力ポイントももらうことができます。作戦タイムの後の二回戦目は、どのチームも一回戦目よりも声掛けや合わせて行動することを意識して、最高得点を出すことができ盛り上がりました。


「お楽しみ会の準備」

1学期の通室最終日のお楽しみ会に向けて、やりたい活動をみんなで話し合いました。「段取りの階段」で見通しをもち、「折り合いのものさし」を意識しながら話し合いを行いました。どのグループも「○○なので~~がしたいです。」や「○○さんの意見に賛成です。」、「僕は○○にゆずってもいいです。」など、「理由を伝える」「ゆずる」などの学習したことを生かして話し合いに参加する様子が見られました。
最後は当日のめあてまで決めることができました。お楽しみ会当日、子供たちがみんなで楽しむ姿を見るのが楽しみです。

 

【5月のそよかぜの様子】

★運動・動作★
「そよかぜサーキット①」

 

「いろいろな動きに挑戦しよう!」をめあてに「ジグザグダッシュ」「平均台」「バランスボール」「くもの巣」「リラックスポール」など様々な場所で身体を動かしました。活動が進むにつれて、障害物が追加された平均台などレベルアップしたものにも挑戦しました。

「そよかぜサーキット②③」

 

 

2回目、3回目のサーキットでは「肋木」「スクーターボード」「スカーフキャッチ」「ラダー」などサーキットの内容が追加されました。
 同じ運動を繰り返すことで動きに慣れ、できる動きが増えました。また、新しい動きでもやり方を確認し、挑戦しようとする姿が見られました。

★グループ学習★
「ナンバーラビリンス」
 「みんなで力を合わせる」ことをめあてにナンバーラビリンスに取り組みました。
 スタートからゴールまでルートが決まっていて、一つずつ進んでゴールを目指すゲームです。

正解のルートは一つしかないので間違えることもありますが、
「さっき3番で間違えたから5番だと思うよ!」とアドバイスをしたり、「次はここで合っているよね?」と答えを友達と確認したりしながら活動できました。

 

 

「借り物ゲーム」
 「伝えよう、相談しよう」をめあてに借り物ゲームをしました。どんなお題が出ても必ず「伝える・相談する」を使いました。
 お題の物を持ってくるために「〇〇先生、鉛筆削りを借りてもいいですか?」と丁寧に相談することができました。また借りた後には「ありがとうございました。」と感謝の気持ちも伝えられました。
 お題で「冷蔵庫」「ゲームソフト」など無理難題が出たときにも先生に相談し「持ってこられないのでもう一度お題を引いてもいいですか?」と伝えることができました。
 クラスや家庭でも困った場面で「伝える・相談する」ができるとよいと思います。

 


 

武蔵野小学校のみなさん
こんにちは!
コミュニケーションの教室「そよかぜ」です。

これから月に1回程度、「そよかぜ」の様子を紹介していきますので、ご覧ください

【理解授業】
みなさんのクラスで、「そよかぜ」がどんな教室なのか紹介させていただきました。
「どんな先生がいるのかな?」「どんな授業をしているのかな?」
実際に体験してもらいながら、「そよかぜ」のことを知ってもらう良い機会となりました。
まだ授業をしていないクラスは、7~9月に行う予定です。

 

 

【4月のそよかぜの様子】
★運動・動作★
「○○先生に集まれ!」

先生の指示をよく聞いて、言われた先生の前にまっすぐ体育座りで並びました。譲り合いながら、姿勢を意識して並ぶことができました。


「フラフープリレー」

ペアの友達とスピードを合わせて走りました。「もっとタイムを縮めるにはどうすればよいか?」を考え、
・声をかける。
・受け渡しをスムーズにする。
など、協力するためのポイントを見付けることができました。

★グループ学習★
「ぐるぐる自己紹介」

自分の好きなことや苦手なこと、やってみたいことなどを順番に紹介していきました。

「インタビュー」




友達にいろいろな質問をして、サインを集める活動をしました。
丁寧にやり取りができるよう、質問の仕方を掲示し、言葉のキャッチボールを楽しみました。

「同じグループの友達のことを知れてよかった!」など、新しいグループに前向きな気持ちをもってスタートすることができました!

令和3年4月30日更新

 

 


★令和2年度の様子★

12週目(10/5~10/9)13週目(10/12~10/16)14週目(10/19~10/23)の運動動作の様子を紹介します。

今回は、そよかぜキック&ランを行いました。

12週目、13週目は、ボールを蹴る練習、ボールを取る練習をしてから練習試合を行いました。

練習試合では

喜びを分かち合う「エアーハイタッチ」

友達同士で声を掛け合い、攻め方、守り方を考える「作戦」

など、素敵な姿が見られました。

14週目は「勝っても威張らない、負けても怒らない」をめあてに試合をしました。

3回目ともなると、ボールを蹴る時に狙うことができるようになったり、守備が早くなったりと上達していました。

(しっかり準備運動)

 

(蹴る練習)

 

(試合)


14週目は「自分飛行機 たまご運びゲーム」を行いました。

今回も、はじめに、自分飛行機の学習をし、「ほどよい」気持ちでいられるように自分飛行機の使い方を確認しました。

「たまご運びゲーム」では、スプーンの上にたまごボールを乗せて慎重に運びました。

運ぶ時は、
上手くいったら「気持ちが上がりすぎる」ことなく、程よく喜ぶこと
上手くいかなかったら「気持ちが下がりすぎる」ことなく、対処法(切り替え言葉・深呼吸)などを使って気持ちを上げること
を意識しながらゲームをしました。

振り返りでは、自分飛行機を使って自分の気持ちをワークシートに表現することができました。


13週目は「自分飛行機 ベストアンサーゲーム」を行いました。

はじめに、自分飛行機の学習をし、気持ちには上がり下がりがあることを知り、「ほどよい」感情の表現について考えました。

ベストアンサーゲームでは、そよかぜ劇場(給食準備前に本を読んでいて、声を掛けられても読み続ける場面)を見て「給食準備が遅れるから 本読みをやめます。」「みんなに迷惑がかかるから すぐに本をしまいます。」と自分の考えをワークシートに書きました。

また、みんなが考えた「ベストアンサー」を実際にそよかぜ劇場で演じてもらいました。

 

12週目(10/5~10/9)13週目(10/12~10/16)14週目(10/19~10/23)のグループ学習の様子を紹介します。

12週目は「くねくねへびの住むところ」を行いました。

個別で作成している「くねくねへび」の場に置くものを話し合い、話し合ったものの中から自分が作りたいものを考えました。

話し合いでは、「発表のルールを守る」「折り合って決める」ことを意識しました。

自分が作りたいものを決める時に友達と被ってしまった時には「やっぱり、違うものにする。」と譲り合う姿が素敵でした。


11週目(9/28~10/2)の様子を紹介します。

運動動作は、むさしのオリンピックに向けて体の使い方を知りました。

体力アップサーキットでは

「ケンケンパ」
「反復横跳び」
「相撲スタート」
「トランポリンもも上げ」

にチャレンジし、動きのポイントを意識しながら運動に取り組みました。

 

グループ学習では、「行事の対処法」を行いました。

行事がある時に「困ったな。」「嫌だな。」と思うことをいくつも聞きました。

そんな時に

「どんな切り替え方法を使えばよいか。」

をみんなで考え、意見を出し合いました。

「走る時に緊張しそう。」→「深呼吸をして切り替える。」

「いい記録が出なかったらどうしよう。」→「(次、頑張ればいいや)と考える。」

など、切り替え方法をたくさん考えることができました。


10週目(9/23~9/25)の様子を紹介します。

運動動作は「そよかぜ探検隊」をしました。

「ジャングルロープ」(腕の力で体を引っ張る運動)
「ジャングルジャンプ」(両足でジャンプをする運動)
「ジャングルキャタピラ」(手足を使って進む運動)
「ジャングル くもの巣」(低い姿勢で身体全体を使う運動)

の4つの運動に挑戦しました。ペアで回りながら、友達の良い動きを見付けることができました。

活動の最後には、「だるまさんが転んだ」をして、鬼の近くの宝をゲットする「お宝ゲットゲーム」にも挑戦しました。

グループ学習では、「ちぎった紙の形から」を行いました。

この活動では、思い思いにちぎった画用紙が何に見えるのかを考え、自分の想像したものに近づけることをしました。

ちぎった紙が
「新幹線に見える。」
「山に見える。」
「〇〇県に見える。」

など、想像力を働かせながら考えることができました。

発表会では、友達が作った作品に

「あ~ 見える見える。」

と共感することもできました。


9週目(9/14~9/18)の様子を紹介します。

運動動作は先週と同じく「合わせて動こう」をしました。

今回は3回目ということで、先週よりもさらにレベルアップした内容でした。

先週は、「声に合わせて」で「言うこと一緒、やること一緒」を行いました。
今回のレベルアップでは、「言うこと反対、やること反対」を行いました。

声や太鼓のリズムに合わせて前後左右にジャンプしました。先生が「前」と言って前にジャンプをしたら「後」と言って後ろにジャンプをします。

この運動では、声を聞いて、動きを見て、それぞれ反対のことを考えて動かないといけないので「頭」と「身体」を両方使います。
そんな難しい動きにもかかわらず、子供たちは上手にジャンプをしていました。


グループ学習では、個別学習で作る「くねくねへび」を飾る場所(テーマ)について話し合いました。

高学年が司会をし、みんなから意見を集めました。
「海」「山」「森」などたくさん意見が出るだけでなく、理由も発表しました。

また、「○○さんの(山)もいいなと思いました。」と
友達の意見、理由を聞いて、共感することもできました。

個別学習では、段取りの階段を確認しながら「へび作り」を頑張っています。


 

8週目(9/7~9/11)の様子を紹介します。

運動動作は先週と同じく「合わせて動こう」をしました。

「曲に合わせて」
「声に合わせて」
「ポーズに合わせて」
など、「合わせる」ことをテーマに運動することができました。

2回目ということもあり、それぞれの動きに慣れてきました。

「声に合わせて」では「言うこと一緒、やること一緒」を行い、声や太鼓のリズムに合わせて前後左右にジャンプしました。先週も同じ運動を行ったので、動く回数を増やした難しいバージョンにチャレンジしました。

 

グループ学習では、「作って遊ぼう」で紙コップUFOを作りました。

「2つの紙コップの底をはりつける」「輪ゴムをひっかけるクリップをつける」などの制作の手順を一つひとつ確認できる「段取りの階段」を見ながら、作業をしました。


紙コップUFOは、作るのは簡単ですが、飛ばすのが難しいおもちゃでもあります。

そんな中、子供たちは、飛ばし方のコツを先生に聞いたり、友達同士で教え合ったりするなど紙コップUFOを飛ばすために一生懸命に取り組んでいました。

練習を重ねると、どの子もUFOを飛ばせるようになり、笑顔があふれていました。


7週目(8/31~9/4)の様子を紹介します。

運動動作は「合わせて動こう」をしました。

「横にいる友達に合わせて」
「曲に合わせて」
「声に合わせて」
「ポーズに合わせて」
など、「合わせる」ことをテーマに運動することができました。

「ポーズに合わせて」では、だるまさんが転んだを行いました。

今回、止まる時には、先生のポーズと同じポーズで止まらないといけないというルールを加えました。

子供たちは、鬼に近づきながらも決められたポーズで止まれるように、慎重に進んでいました。また、ポーズは左右対称や非対称のものもあり、先生の指先までしっかり見ることを頑張りました。

振り返りでは「ポーズに合わせてで、先生に合わせることができました。」と自分たちができたことに自信をもつことができていました。


グループ学習では、「ショウ(見せる)、アンド、テル(話す)」をしました。

友達のテーマに合わせて上手に質問したり、聞かれたことを端的に答えたりしました。

活動の最後には、「〇〇について話していたのは誰でしょうか。」とクイズ形式で問いかけると、意欲的に手を挙げていました。友達の話をよく聞いていたので、クイズに正解することができました。


 

6週目の様子を紹介します。

運動動作は「そよかぜテスト」をしました。

今回は、今まで行った、「ヨガ遊び」「ボール投げ」をして、学習したことができているかどうかを確認しました。
ヨガ遊びでは、背筋をピンっとして呼吸をしながらヨガでリラックスをしました。
ボール投げでは、投げる手と反対の手足を前に出して、正しいフォームを意識することができました。

運動動作の最後は「お宝ゲットゲーム」(忍び足で鬼の近くにある宝を取るゲーム)をしました。お宝を取るために、素早く、静かに走ることができました。

グループ学習では、対処法を思い出して「ぼうずめくり」を行いました。

気持ちをコントロールするためには、そよかぜの呼吸法だけではなく、自分に合ったやりかたもあることを話しました。

「深呼吸をする。」
「10数えてみる。」
「まぁ いっか。」と言ってみる。
など、自分に合った対処法を考え、ぼうずめくりをしたときに実践することができました。

 

5週目の様子を紹介します。

運動動作は「そよかぜ探検隊!」でした。
今回も「やってみよう!!」という気持ちで運動に取り組み、サーキット運動に取り組みました。
ジャングルアタック(ボール投げ)  ジャングルキャタピラ(はいはい運動)
ジャングルウォール(肋木渡り)   ジャングルジャンプ(両足ジャンプ)
ジャングルダッシュ(ジグザグ走り) ジャングル蜘蛛の巣(腹ばい運動)
ジャングルロープ(スクーターボードに乗って綱渡り)


ジャングルの中でたくさんの運動に取り組み、汗を流していて素敵でした。
身体の様々な部分を働かせ、楽しみながらジャングルを駆け回りました。



グループ学習では、「一体感を感じるゲーム」を行いました。

ジェスチャーゲームでは、動きをしている人が何をしているのかを当てました。
ペアでの交流では、答えを考え、相談し合い、発表するのはどちらかを話し合いました。
一人で遊ぶこととは違う楽しさを感じることができました。

人間間違い探しでは、先生の服装や身に着けているものを見て、最初の様子から変わったところを探します。
答えを探すときは、みんなで先生のことをよく観察し、間違いを探すことができました。発言をする時は、高学年が司会を務め、指名をしていました。
丁寧な発言の仕方や指名の仕方を意識して、活動することができました。

4週目の様子を紹介します。

運動動作は「身体もボールもコントロールしよう!」でした。

準備運動では、音楽に合わせた有酸素運動をして、たくさん汗を流しました。
1曲目が終わって、「みんな大丈夫?」と聞くと、「まだ、いける!」と元気よく答えていました。リクエストもあったので2曲目も有酸素運動をしました!


ボールコントロールサーキットでは、ボールを投げたり、回したり、転がしたりとボールをコントロールする様々な動きに挑戦しました。

今回は、「できる」「できない」ではなく、「やってみよう!!」という気持ちで運動に取り組み、みんなでボールコントロールに挑戦することができました。

グループ学習では、「そよかぜ劇場~あいさつ編~」を行いました。

そよかぜ劇場を見て、あいさつの仕方で気になる問題点を見つけ、改善策をたくさん発表しました。
「おじぎの仕方」「声の大きさ」「相手を見ること」などそれぞれのやり方をどの程度やればよいかを話し合いました。
話し合いをした後には、みんなで実践することもできました。


3週目の様子を紹介します。

運動動作は「よく見て動こう!止まろう!」でした。

音楽に合わせて、忍び足、音を立てないで走る忍者走りなどに取り組みました。
その動きを使って、
「忍者が止まった!!」(だるまさんが転んだと同じやり方で、足音を立てないルール)
を行いました。
「忍者が・・・・」と鬼が言っている間に、忍者走りで上手に近づき、ゴールをしようと頑張ることができました。
「止まった」というところで動いてしまうこともありましたが、動いたことを受け入れ、「また、次がある。」という気持ちをもつこともできました。

 

グループ学習では、「全集中!そよかぜの呼吸」を行いました。
まずは、気持ちをコントロールするための呼吸法を知り、練習しました。

壱の型「氷地蔵」・・・イライラをしずめる
弐の型「雪解け」・・・緊張をほぐす
参の型「雨宿り」・・・切り替えをする
肆の型「昇り龍」・・・集中する

 

 

呼吸法を使ったゲーム(ぼうずめくり)では、
坊主が出ても、呼吸法を使って落ち着いたり、オリジナルの呼吸法を考えたりと学んだことをすぐに活用することができました。


2週目の様子を紹介します。

 


運動動作は「ヨガ遊び」に取り組みました。
4秒吸って7秒止めてから8秒間、細く長い息で吐く「4、7、8の呼吸」を学びました。
また、呼吸法を使って、「山のポーズ」「木のポーズ」「フラミンゴのポーズ」などのヨガ遊びを楽しみました。
バランスが取れない時には自分のできるところまでを目標に頑張りました。

上手に呼吸ができると、心が落ち着き、血の巡りも良くなります。

是非、ふだんの生活にも生かしてみてください。

 


グループ学習では、「ショウ&テル」をして、友達の話を聞いたり、質問したりしました。

「目」:相手の目を見て
「耳」:耳を傾けて
「頭」:頭で考えながら
「心」:心で感じながら
という4つを意識して、活動することができました。


6月16日(火)から、そよかぜの通室が始まりました。

今回は、そよかぜの様子を紹介します。定期的に更新するので、ご覧になってください。


朝の会・昼の会では、一日の流れやめあての確認をしています。
そよかぜのめあては「伝える・相談する」です。



運動動作は「バランス力(りょく)アップ」サーキットをしました。
平均台、島渡り、輪投げキャッチ、スリッパシュート、ぶら下がりなど、色々な運動に取り組みました。「よく聞く」「よく見る」をめあてに活動することができました。

 


グループ学習では、「ぐるぐる自己紹介」をして、友達のことを知ることができました。そのあと音楽に合わせながら「パラバルーン」を上下に動かしました。音楽に合わせたことで緊張がほぐれてきたかな?新しい友達とも仲良く楽しく学習していけるよう指導していきます。

 

令和2年5月29日 そよかぜビンゴ「先生クイズの答え」

武蔵野小学校のみなさん

そよかぜのみなさん

こんにちは!

もうすぐ学校が再開されますね!

みなさんといっしょに勉強できる日を楽しみにしています。

さて、今日は4月にみなさんに配った「そよかぜだより」にのっていた先生クイズの答えを紹介します。

みなさんのえらんだ答えは合っていたでしょうか?

これで、そよかぜビンゴのヒントはおしまいです!

ビンゴは完成しましたか?

お家でどんな楽しみ方をしたのか、学校が始まったら教えてくださいね。


 

令和2年5月26日 そよかぜビンゴ「めいろをつくってみよう」

 

 

令和2年5月26日 そよかぜ「クロスワード」にちょうせんしてみよう!

 

 

 

令和2年5月22日 「そよかぜビンゴ 手作り ふうりん と 3ヒントクイズ」

 

武蔵野小学校のみなさん
そよかぜのみなさん
こんにちは!

先週と今週は、相談日がありましたね。
みなさんの元気な姿が見られてうれしかったです!

ところで!そよかぜビンゴはすすんでいますか?
今日はビンゴの中の「ふうりんを作ってみよう と 3ヒントクイズの作り方」を紹介します!
ぜひお家の人と一緒にやってみてくださいね。

やってみて困ったときや、むずかしいところがあったときは
そよかぜの合言葉「つたえる・そうだんする」をつかって手伝ってもらいながら、
がんばって完成させましょう!

今回紹介した ふうりん は、いろいろな工夫ができます。
学校にきたときに、「こんなふうに作ってみたよ!」と教えてくれるのを楽しみにしています。 

 

 



そよかぜ担任


 

 

令和2年5月15日 「そよかぜビンゴ けん玉と迷路!」

 

 



 

そよかぜ担任

 

 

令和2年5月12日 「そよかぜビンゴに挑戦しよう!」


武蔵野小学校のみなさん

そよかぜのみなさん

 

お元気ですか?そよかぜの先生たちはとっても元気です!

みんなに会える日を楽しみにしています。

 

ずっと学校がお休みなので、元気が出ない子もいるかもしれませんね。

そこで!みんなが少しでも楽しい気持ちになれるよう、そよかぜビンゴを作りました。そよかぜの子だけでなく、だれでも楽しめるように考えて作ったので、たくさんの人にやってもらえたらうれしいです。

おうちの人といっしょにぜひやってみてね。

 

このビンゴは、おうちの人といっしょじゃないとできないものもあります。

おうちの人にもわからないものもあります。

ヒントは少しずつこのページにのせていくので、ときどきのぞいてみてください!

 

楽しむコツは、ビンゴになったときや全部できたときに、おうちの人とどんなふうにもりあがるか?!を考えることです。

「ハイタッチをする」「おうちの人から賞状をもらう」「チョコレートでお祝いする」など、工夫してみてください。

 

 

そよかぜ担任