2月4日の研究発表に向けて~日々の取組~

 

2年生 表にまとめて整理

 「たんぽぽのちえ」の学習では、大切な部分を明確にするため、たんぽぽのちえや様子などの観点に沿ってサイドラインを引きました。その後サイドラインを基に、構成表を活用して、「いつ」「ようす」「わけ」を分けて整理しました。

 


1年生 単元を見通した学習計画と振り返り

 「はなのみち」の学習では、音読会をゴールにした学習計画を設定しました。
 また、毎時間の最後に振り返りの時間を十分に確保したことで、友達の発表を聞き、自分が分かったこと、感じたこと、友達から教わったことなどがあることに気付くことができました。

 


1年生 吹き出しの活用

 場面ごとに登場人物の台詞を考えました。その際、吹き出しを使ったことで、考えが可視化され、友達と交流することに役立ちました。

 


5年生 思考ツール・タブレットを日々活用中

 「漢語・和語・外来語」の学習では、3つの言葉の特徴を熊手チャートという思考ツールを使って整理しました。その後、学んだことを基に、言葉分けをしました。タブレットのgoogle Gamboardを使うことで、楽しみながら学習できました。      (国語科 「漢語・和語・外来語」)

 

 

 

5年生 単元のゴールを意識した振り返りの工夫

 授業の終わりには学習の振り返りを書きます。自分がどれだけ単元のめあてを達成できたか、自己評価することができます。
国語科「なまえつけてよ」)

 

 


6年生 主張と事例を整理する学習

 「笑うから楽しい」の学習では、筆者の主張の説得力は、複数の事例によって支えられていることを捉え、クラゲチャートという思考ツールを活用して、クラゲの頭の部分に主張、足の部分に事例を書いて、主張と事例の関係を整理しました。



 「笑うから楽しい」の学習で学んだ主張と事例の関係を整理するためのクラゲチャートを生かし、討論会の主張を支えるための事例を複数ふくらませ、討論会を行いました。(国語科「笑うから楽しい」「討論会をしよう」)