藤本(ふじもと) 哲也(てつや)

略歴:1963年  中央大学法学部法律学科卒業

   1965年  同大学大学院修士課程法学研究科刑事法専攻修了(法学修士号取得)

   1969年  同大学大学院博士課程法学研究科刑事法専攻単位取得満期退学

   1970年 フロリダ州立大学大学院修士課程犯罪学部修了(犯罪学修士号取得)

   1975年 カリフォルニア大学大学院博士課程犯罪学部修了(犯罪学博士号取得)

 

現在:中央大学法学部教授・犯罪学博士、明治大学法科大学院兼任講師、明治大学大学院兼任講師、駒澤大学大学院兼任講師、中京大学大学院法務研究科兼任講師、青少年育成国民会議講師、法務省矯正研修所講師、全国少年警察ボランティア協会顧問、日本更生保護協会理事、財団法人矯正協会評議員、日本刑事政策研究会理事、青少年有害環境対策推進研究会座長、青少年育成国民会議自己評価検討委員会委員、法務省更生保護施設検討会座長、法務省法務総合研究所研究評価検討委員会委員長、法務省性犯罪者処遇プログラム研究会委員、内閣府少年非行事例等調査研究企画分析会議委員長、島根あさひ社会復帰促進センター整備・運営事業事業者選定委員会委員、厚生労働科学研究「虞犯・触法等障害者の地域生活支援研究」分担研究員、日本被害者学会理事

 

専攻:犯罪学、刑事政策、刑法、少年法、被害者学

 

著書:『犯罪学講義』八千代出版(1978年)

     『犯罪学入門』立花書房(1980年)

     『新しい犯罪学』八千代出版(1982年)

     『犯罪学緒論』成文堂(1984年)

     『刑事政策概論』青林書院(1984年)

     『社会階級と犯罪』勁草書房(1986年)

     『犯罪学要論』勁草書房(1988年)

     『刑事政策あ・ら・かると』法学書院(1990年)

     『刑事政策の新動向』青林書院(1991年)

     『刑事政策20講』青林書院(1993年)

     『うちの子だから危ない』集英社(1994年)

     Crime Problems in Japan』中央大学出版部(1994年)

     『犯罪学のさんぽ道』日本加除出版(1996年)

     『諸外国の刑事政策』中央大学出版部(1996年)

     『続・犯罪学のさんぽ道』日本加除出版(1998年)

     『刑事政策の諸問題』中央大学出版部(1999年)

     『犯罪学者のひとりごと』日本加除出版(2001年)

     『犯罪学者のアメリカ通信』日本加除出版(2002年)

     『犯罪学原論』日本加除出版(2003年)

     『犯罪学の窓』中央大学出版部(2004年)

     『犯罪学研究』中央大学出版部(2006年)

     『犯罪学の森』中央大学出版部(2007年)

      その他著書、論文多数。