学 校 名  昭 島 市 立 清 泉 中 学 校

           創  立  昭和36年4月1日

          所 在 地  〒196-0002
                  東京都昭島市宮沢町1−9−1

          電  話  042−541−0762
          F A X   042−541−6869



  ◆生徒数(平成29年4月1日現在)

          第1学年  男子106名  女子 83名  計189名
          第2学年  男子 95名  女子 99名  計194名
          第3学年  男子 95名  女子 93名  計188名
             計    男子296名  女子275名  計571名

  ◆生活標準時程
                  <月・火・木・金>    < 水 >
          登  校         8:30         8:30
          朝 読 書   8:30〜 8:40   8:30〜 8:40
          朝 学 活   8:40〜 8:45   8:40〜 8:45
          第1時限   8:50〜 9:40   8:50〜 9:40
          第2時限   9:50〜10:40   9:50〜10:40
          第3時限  10:50〜11:40  10:50〜11:40
          第4時限  11:50〜12:40  11:50〜12:40
          給   食  12:40〜13:10  12:40〜13:10
          昼 休 み  13:10〜13:30  13:10〜13:30
          第5時限  13:35〜14:25  13:35〜14:25
          第6時限  14:35〜15:25   (第6時限カット)  
          終 学 活  15:25〜15:35  14:25〜14:35
          清   掃  15:35〜15:50  14:35〜14:50
          一般下校        15:50        15:00

          最終下校     4〜10月  18:30
                      11〜 1月  18:00 

<校名のいわれ>
 清泉中学から南に下ると、諏訪神社の境内にすばらしい泉があり、清らかな、多量の水がこんこんと湧き出して尽きることがない。人材育成の教育の場も、このような泉の姿でありたいと強く心を打たれる。この清らかな泉こそ、新設中学に最もふさわしいものと確信し、今後の発展を祈って「清泉」と名づけられた。

<校章のいわれ>

 昭島市の多摩川河岸段丘では、多摩川梨がたくさんとれる。
校章のモデルは、東洋原産の品種とヨーロッパ原産の品種とを交配改良して、日本の風土で完成した二十世紀梨の花と葉で東西文化の交流と平和を象徴している。右上に新葉一枚を配した花一輪。左右のバランスをとるために、左下の花弁一枚表に加えておしべの数を加減した。梨は菜は学術・芸術の象徴である。樹は丈夫で強く、果実は味もにおいも良く、花は純白、ふくいくたる香りを放ち、少年少女の純潔と気品豊かな、清泉中学校の校章としてまことふさわしいものである。

<教育目標>
 人権尊重の精神を基調とし、広く国際社会において信頼と尊敬の得られる知・特・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成を目指すために、学校の教育目標を次のように定める。
 ア 美しい心
   正しい判断力、強固な信念、創造性に富んだ実行力、寛容の心と協力の精神を養う。
 イ 創造的な知性
   自ら学ぶ力、社会の変化に主体的に対応できる能力、国際社会で活躍できる力、世界
   に貢献する態度を養う。
 ウ たくましい体
   均整がとれ、耐久性に富み、機敏性を持った健康でバランスのとれた体を育てる。

<本校の特色ある教育活動>
1 全校朝読書
2 チャレンジ学習・再チャレンジテスト
3 学習支援教室
4 学生ボランティア活用
5 地域清掃
6 校内美化活動 
7 職業体験活動
8 卒業生の話を聞く会
9 生徒会活動の充実
10 学級活動の充実
11 部活動の充実
12 清泉スピリッツの定着
13 2学期繰り上げ開始



學校経営方針
●教育課程
 はコチラから